【どんなお寺なの?】
永正2(1505)年の創立。開山真浄院日照上人。高知市妙國寺開山妙国院日祝上人の高足真浄院日照上人がこの地に草庵を結び三宝諸天を供養したのに始まる。寛保年間、寛政年間にそれぞれ伽藍が建立され今日の基礎となった。 のち無住時代もあり衰微したが昭和31年に本堂を建立、35年に三十番神堂を建立、更に現代青少年の心身鍛練と信仰の一如を祈り剣道野試合を開催、この野試合は高知県剣道連盟、南国市剣道連盟の後援となり香長平野に春を告げる行事として親しまれている。また、境内には水子供養塔が建てられ随時水子供養を受け付けている

【お 宝】 中山法華経寺118世日修本尊
【行 事】 
【年 間】 正月3が日新年祈祷会 毎年2月第2日曜日剣道奉納野試合 春秋彼岸会(中日) 毎年6月水子供養会  七月盂蘭盆会 八月施餓鬼会  十一月御会式など

【月 例】 毎月一日盛運祈願祭 毎月六日開山上人報恩の会 毎月八日鬼子母神祈願祭  毎月十三日日蓮大聖人報恩会 いずれも午前九時より

【青年会】 金管バンド「くらすと」結成(現在団員18名・団員募集中)